サイト内検索
Translation here

[Selenium][Builder][BAT]IDEでは簡単!Builderではひと手間工夫が必要なBAT実行

127の続きです。
ここではBuilderのみ扱います。IDEではやらなくていい作業です。

本日の議題

おさらい

やりたいこと

batのアイコンをダブルクリックしたらブラウザテストとコマンドテストが終了していること
誰もが一度は考えたことがあるんじゃないかな、と思います。
ユースケースは、ブラウザ上の操作をしたらコンフィグが切り替わる、というよくあるやつです。
PHPとか触ってるとよく直面しますね。
こちらはiniなりを書き換えた時にブラウザで開くと初期値が変わっていることを確認するケースとかでしょうか。
どちらにも応用が利きます。

やる事

今日の本題です。
  1. 【済】Java入れて
  2. 【済】SeleniumServer入れて
  3. 【済】PATH通して
  4. ※難:npm入れて
  5. SeInterpreter入れて
  6. テスト作って
  7. 【修正】BAT作る
npmの部分を掘り下げましょう。

※難:npm入れる

node.jsを入れる

Node.js
ダウンロードするものは環境に合わせてください。
node.jsを入れる理由
Qiitaさまより

npmが入ってるので一緒に入れてしまおう、というと技術者としてどうなのか、と思うのでこう言い換えます。
SeleniumBuilderはnode.jsも使えます。将来的に使う可能性があるなら、先行して入れておくと導入コストを下げる事が出来ます。

SeInterpreterを入れる

インストーラを完了させたらcmdを再起動してse-interpreterをインストールするだけ。
rpm install se-interpreter
だったかな。

小話を。
ぶっちゃけ、ここに気づかないのが一番つらかった。
npmと言えばlinuxのコマンドだろう、という先行イメージが邪魔をしてくれたため、動かなかったんですね。
そりゃlinuxに入れても動かす場所がwindowsだったら動く訳ないので、linuxのfirefoxにseleniumを入れようとするわけですが、これがまたうまくいかない。
多分バージョンの違いなんでしょうが、この辺はまだ対応出来てません。
今も調査中なので、分かり次第その辺の話も書きますが、恐らくselenium側がlinuxに対応してないんじゃないかな…という気はしてます。

テストを作る

ちょうど良いものを書いたので使ってください。
124

起動をする

ここからはSelenium IDEと同じです。
サーバーとなるjarを起動しておいてse-interpreter で実行すると動き始めます。


可能な限り最小限に抑えて書いてます。
というのも、検証し始めると沼にはまりそうだからです。
後日
IDEとBuilderを私の目で見てまとめて比較します。
OK キャンセル 確認 その他