サイト内検索
Translation here

2016/03/29(火)[ShellScript][Selenium]evalを更に活用する方法の提案

お疲れ様です、野村です。

以前お話ししていたevalをもうちょい活用できないかなぁ、と思って色々こねくりまわしていたのですが、やっぱあるものはありますね。
見つけましたよ。

シェルスクリプトでevalコマンドを用いた変数の2重展開:俺的備忘録 ~なんかいろいろ~ さん
#!/bin/sh
# 変数 VARに値が入力されている
VAR="test"
 
# 変数 EVAL_VARに、変数名である「VAR」という文字列を入力
EVAL_VAR="VAR"
 
# 変数 EVAL_VARを呼び出す
# echo $EVAL_VAR
eval echo '$'$EVAL_VAL
以前、evalを使う話をしました。
変数にコマンドを入れて実行したい:のむらさんちのIT事情

これに上を組み合わせただけですが、かなり可能性を感じてます。
結局はbashの延長線上を超える事は出来ませんが、痒いところに手が届くようになったというか、やっと「スクリプトらしい」使い方が出来てきたかな、といった感覚です。*1*2

そろそろperlなりpythonなりも見ていくべきかしら。
rubyは個人的には好きだし、RGSSシリーズ*3でも使ってるんですがプリイン入ってないのは使えないので必然的にどっちかになります。
使いやすさというか、堅苦しいのは嫌なのでどっちかというとperlよりにしたいんですが、じゃあSeleniumをJavaでやりますか?となると別の話で…
悩ましいですねコレ。

とか言ってますが、多分実践だと慣れた言語でやるかなぁ。
サーバーはサーバーでperl使うし、連携部分はperlからpythonキックしてSelenium動かすぐらいか。
やり方は色々あるのでまだ悩む事にします。

*1 : よく考えたらプログラムはまず四則計算から入るものですが、シェルスクリプトは四則計算とかあんまりやらないですね

*2 : ちなみに、$((val1 + val2))みたいにやると簡単にできます。exec使うのは重い上に分かりにくいので好きじゃないですね…

*3 : RPGツクールに使われているフレームワーク。慣れるまでが面倒ですが、これで慣れると大体なんでも出来る気がします…

2016/02/14(日)ブラウザの面倒な操作を楽々実行する

お疲れさまです、野村です。

今日は私の業務について、簡単にお話しします。
私自身、元々がオープンソースウェブ系プログラマー畑の出身なので、業務もWebアプリケーションをベースに関係するサーバーサイドをガチャガチャやる事が多いです。
その中で、ブラウザで操作できることは自動でやらせてしまえ、というものにSelenium IDEを使っているのでご紹介します。

※こちらを用いてのブラウザゲームの自動化は推奨していません。
 同様に、UWSCやVBS等を使用したツール類も推奨しません。
 クッキークリッカーで楽をしたいならババアアポカリプスを狙いましょう。

Seleniumとは

[http://www.seleniumhq.org/:公式ページ:http://www.seleniumhq.org/]
英語アレルギーの方は翻訳ツールとかを使うと良いでしょう。


いわゆるSeleniumシリーズと呼ばれているアレコレのすべてを扱ってます。
今回はSeleniumIDEがターゲットなので右側のアイコンをポチっと押してもらうと色々出てきます。

そこにも書いてますが、アドオンなのでインストールしてすぐ使えます。
探して入れればすぐ使えるので、まずは起動してみてください。
特にブラウザ操作でテストを行う場合は重宝します。

単純な単体テストや機能テストの事前設定などはこれを使ってサクサクやっていますが、
大がかりなものや汎用性を考えるとSelenium Builderの方に軍配が上がるかなぁ。
実際の業務で使うにはちょっとしたコツと知識と技術が要りそうです。

細かい事を言うと、AutoIT等が使えればいいんですがあちらはWindowsAPIとかその辺の話になりそうなんですよね。
そういう意味で言うと、system.が使えるPerlやPythonでもよくね?とか思ってしまうんですが、この辺は細かい仕様を知らないので蓋を開けたら…という事はありそうですね。

追記

よっぽど参考になる記事があったのでご紹介します。
QAとは、“世界で最初の ユーザーになる”ことである【Quality Assuranceというお仕事】

コメントです。
わたしのおしごと
OK キャンセル 確認 その他