サイト内検索
Translation here

2016/03/08(火)notepad++でネットワークを簡単に切り替える

LAN端子が2つついてるならそれぞれのネットワークアダプタで管理すればいいんですが、
残念ながら私の端末のLAN端子は一つしかないのでこれが面倒くさい!

とりあえずBatにするか、と方針を固めたら今度はよく分からない仕様に振り回されるのでとりあえず以下コマンドを打ってみてそれから見直してみます。
netsh interface set address name="(接続名)" source=dhcp
rem netsh interface set address name="(接続名)" source=static 192.168.1.10 255.255.255.0 192.168.1.1 1
netsh interface set address dnsservers="(接続名)" source=dhcp
rem netsh interface set dnsservers name="(接続名)" source=static 192.168.1.255 primary validate=no
数値はなんちゃってなので適宜対応してください。

nameとかsourceとか要らない場合もあるみたいですが、私の環境では必要でした。
これでなんか怒られる場合はcmdからnetshあたりをhelpして怪しいところをつぶしていくとたぶんできるはず。

あとは必要な設定分のbatを用意してnotepad++の外部スクリプト(実行→ファイルを指定して実行)でショートカット登録すると気持ちいい!

batが使えるので色々応用が利きます。
wc -m $(FULL_CURRENT_PATH)で文字数取ったり、 wc -l $(FULL_CURRENT_PATH)で行数取ったり。
$(FULL_CURRENT_PATH)っていうのは今開いているファイルのフルパスを意味します。notepad++用ですね。

とはいえ、サーバーイコールリナックスで育ってきたのでwindowsのbatが使いにくいのなんの。
コマンドプロンプトにlinuxコマンドを仕込む方法もありますが、個人的にはちょっとこわいかな…という印象。
この辺はちょっと調べてみます。teeが使えると色々と捗りますので、それだけでも価値はあります。


タイトルにはnotepad++と書いてますが、ソース部分はただのコマンドなのでcmdが使えるなら何でもOKです。
OK キャンセル 確認 その他