サイト内検索
Translation here

2016/01/28(木)六目並べの評価

お疲れさまです、野村です。
最近(今日)私の中で激アツになった六目並べの評価について

五目並べだと3三、4四の形に持ち込むか、そうならざるを得ない状態に誘導することが大事です。
将棋でいうと詰めろですね。この状態を100として、100に近いもしくはそうなる手を選びます。

五目並べと六目並べについては日常系の方でご紹介します。
そちらでなんとなく概要をつかんでもらった上で、本記事へ。

五目並べの制限が嫌だ!六目並べなら制限ナシ! きょうのごろう

五目並べでも勝ちやすい形があるように、六目並べも勝ちやすい手があります。
ちょっとおさらいしましょうか。

●●
●●

ぶっちゃけ、この形

●●
●□

でもいいです。

こういう形を作った時、基本的に白がどこか止めてるはずなので、実践の雰囲気っぽくすると

○○●
●●○
○●●

みたいになってしまう事が多いですね。

または

●○○
○●●
○●●
○??
○??
●??

?は賛否両論なのでどっちでも置けるような形にしました。

よっぽどひどい入り方をしない限り、テトリスのOブロックを作れた方が優位になる事に気づくでしょうか。

では、六目並べではどうでしょうか?
こちらも簡単です。

●●
●●



●●
●□

です。
五目並べと同じなんですね。

これは解説が要ると思うので、以下に用意しました。

アルゴリズム 基本形.png


まずは基本形。後手さんにはちょっと手加減してもらいました。

アルゴリズム 基本形並べ1.png
アルゴリズム 基本形並べ2.png
アルゴリズム 基本形並べ3.png
アルゴリズム 基本形並べ4.png
アルゴリズム 基本形並べ5.png


一手ずつ、流れを書いておきましたが分かりますかね?
どういう手になっても、どこかしらに攻め筋があるのでうまくつなぎ合わせていけば対応側の手を強制する事が出来ます。

まず、これが基本形です。
実践でやるなら、後手側が先手側の手を潰しに掛かる展開が多くなると思います。

ツケがない状態で2が二つ以上並んでいたらその時点でヤバいと思ってくれれば、まずは遊べるようになるかと思います。
もちろん、AIの話です。
あとはその中で常に4が並ぶように置き続ける手で相当マシなレベルです。シンプルだけど強いのは将棋で言うところの加藤一二三氏の居飛車棒銀戦術に通じるものがありますね。
複雑じゃない方が返って分かりやすいという好例です。

・4を作る
・ついでに2を作る(重要)
・4つ並べた後の形で、上下左右斜めの2パターンともに2つ置けるようにする(超重要)
・相手に防御させる時、防御の仕方によっては4つ並ぶパターンにならないようにする(必須)

これぐらいです、難しくはなさそう。
問題は、石を二つ同時に置いた時の評価を何通りから探さなければならないか、という話なので思考時間をどう短縮するか。
単純に2手、4手ぐらいの先読みでもしばらくは十分そうな気もしますが…


五目並べを連珠と呼ぶのを今日初めて知りました…
OK キャンセル 確認 その他