サイト内検索
Translation here

2017/03/29(水)Apitore WebAPIハンズオン Vol.1 @大手町 #apitore

Apitore.png

APIいっぱいあるよ!なサービスを展開されている個人の方作成の仕組みをうまく使えないか?というアプローチについて、お話聞きつつハンズオンしつつ……。

お疲れ様です、野村ごろう(@official_nomura)です。
本日はこちら、Apitoreというサービスのハンズオンがありましたので参加してきました!
WebAPIのコアガチな話をもっとサックリできね?という、同じ意志を感じてます。
機械学習・AI研究者の方が作ったAPIなので、WebAPIerにとって学習系の障壁を取り除けると思います。

私見でした。

本題

本日の議題

  • WebAPIを使いたいノンプログラマー(IT業界の方)
  • もっと簡単にWebAPIを使いたい方
  • もうちょいREST APIどうにかならんのか、と思ってる方

connpassサイト

Apitore WebAPIハンズオン
Apitore -API Store-

グループに入っておくだけでも良いと思います。
行ってみた感じ、結構面白かったです。

ハンズオン

ハンズオン形式なんでメッセージ残せないですが……
なんちゃってですが、ハンズオンのログ的にキャプチャ残しておきます。

メールアドレスを登録してサクッとログイン

ApitoreTop.PNG

ここで自分が使いたいAPIとかを登録できますし、検索もできます。

使いたいAPIを探す

ApitoreTwitter.png

Twitterで検索した例がこちら。登録してたりしてなかったりはありますがこんな感じ。
これから利用・登録済みが分かりますね。

APIアクセストークンの発行

超簡単にできます。これが一番ビビる機能だと思う……

アクセストークン.png

まずはマイページのマイプロジェクト画面へ。

APIStoreアクセストークン.png

アクセストークン発行ボタンを押すとこんな感じに。
トークンはヤバい情報なので伏せてますが、ここに英数字の羅列が並びます。

Twitterにリクエストを送ってみる

SwaggerUI_ResponceModelSM.png

アプリの詳細ページに飛んでSwaggerに飛んで

SwaggerUI_Accesstoken.png

先ほど登録したアクセストークンを入れて[Try It Out!]としてあげるとTwitterの自分のポストが取れます。
ちょっとここでもアクセストークン晒す事になるので控えましたが……確かに取得出来ていました!


たったこれだけです。

サンプルプログラムについて実演(エンジニア向け)

ここだけノンプログラマバイバイなネタです。

ちょっとこの辺は聞いてるだけだったんで、実際に入れてみて触ってみます。
connpass内にサンプルコードがあるので、そちらでいじくってみるのもいいかなと。
ただ、ハンズオン聞かないと分かりにくいと感じるのも確かです。
JavaerとかRubiestより偏った知識を持ってるととっつき易いかも?
OK キャンセル 確認 その他