サイト内検索

2016/12/07(水)エンジニアの2017年を考える #TechLION #本日の勉強会

ご無沙汰してます、野村です。
体調を崩していたのと、転職活動を再開したので手が遅くなってました。
引継ぎも目途が立ったので、こっちを本業に切り替えていきたいなぁと思ってます。

さて、今日も飛び込みです。
元々お忍び参加を好む人*1ですが、今回は捕捉していただいたので出頭しました。
見つかって困るんじゃなくて、こっそり行って「おや?」となるのが面白くなるのを期待しているフシがあるのは否定しません。

*1 : 評判や経歴ではなく、その場のノリを大事にしたいのとグループが出来ちゃうと身動きがとりにくくなりがちなので…

謝辞

今回もその場で執筆、その場で投稿してます。相変わらずの無編集です。

本日の議題

参加動機

[(access failed) https://www.coworking.tokyo.jp/]

本年最後のTechLION

今年で5回!すごいな…
ちなVol.28です
このペースだと7年近く?続いてそうな感じですよね。
→5年らしいです。
いや、これはすごいよホント

そもそもTechLIONとは?

トーク回?かな、初参加なのでこの辺良く分かってないですが…

本日はTechLION vol.28なり~ | TechLION
ライブもやってます(ました?)
TechLIONTV のライブ ストリーム - YouTube

ライブの様子は以下で見れます(重いので個別ページに)

MCオープニングトーク

さくらさん(SAKURA Internet)のお話で盛り上がる。妙につかみ?というか聞き手と話し手の合いの手がうまい!

抽選会やってます

スポンサー企業さまが色々出されていて、飲めば飲むほど確率が上がる!というステキシステムを採用されているようです。

今回の出演者さま

  • HTML5j: 白石俊平氏
    • techfeed.io
      世界中のニュースを興味がある人に届けるサービス
    • HTML5 Experts.jp
      コミュニティとメディアの融合
  • 小笠原治氏
    • ABBALab
      Webをリアルに、
      Sakura時代
      • 言い訳をさせない、投資ファンドの設立
        お金
        設備
        時間
    • データから自発的にアクションをさせる
      データ(エサ)を集めてAIを育てるプラットフォームを設立したい
      今まで通りの仕事で、今までと違うものを作り出そう!
  • 田中弘治氏
    (機材トラブルが!!!)
    自己紹介:
    • コワーキングスペースCoedoの話
      セミナーを開きやすい環境を作りたい!
      宣伝ねじ込んできたwとは言いますが、なんだでお世話になってます。

第一部

テクノロジーの進化とユーザー体験の変化

Flash黄金時代からHTML5へ~ユーザーが意識せずに技術向上へ
マルチデバイス化・Facebookm問題もあり~の・いわゆるザッカーバーグショック
ユーザーの人気は古巣+新土台
ハードウェアの新しいものにソフトウェアを乗せるイメージ
ユーザー参加型のイベントの需要が高騰
負荷集中ではなくユーザー単位に
主催者にお金の管理をさせないことを
笑顔の数が売り上げに比例する
実例アリ・これはライブならでは

IT/ネットの進化と未来はビジネスにどう影響してくるか

お金は使わないと事業を回せない
これは真理。お金を使わないと徐々に衰退する
死なない経営・ノウハウを持とう
日本は参加者無料のイベントが多すぎる
イベントの質を高くするためにお金を取る
技術の質を上げるためにお金を出す
ネットはまだまだお金を取りやすい
Webで売るビジネスノウハウ
これはさすがに書けない…
面白そうで続きそう、という観点で書けそうなので、私の余計なフィルタなしで公開
  • DeepLearning/人工知能の活用
  • バズワードを入れる(ブログブーム・クラウドブーム・IoTなど) → お金を稼ぐならマーケティング
アフィリエイターという従業員を養うのは?
→マーケティング
タイトルくっそ大事!!!
  • イベントページの内容はシェアできない。
  • タイトルを見て評価する。
  • 分かりにくいタイトルがブランドになると強い
営業マネジメント
  • コミュニティの活性化
    • 常連さんとのマッチング
    • 30分単位での客単価リサーチ
    • 3杯目を進めるのではなく、人と人とをつないで4杯目につなげる
    • 売り上げを得るためのイベント偏重をすると、おひとり様が減って何もかもなくなる…

第二部

インターネットの次に来るもの 未来を決める12の法則

セミナーはStuding,Learning,Teaching
勉強会はSharing
コミュニティは発信し続ければ回る、共有する、広げる
コワーキングスペース(シェアスペース)を作った時のキーワード
  • Open
  • Share
  • Join
筆者注:キーワードにマインドを乗せるとすごく聞こえが良くなる
所有と共有
  • クラウド化をリアルでやるとコワーキング?
  • コミュニケーションの仮想化も(電子化ではない?)
  • 実体として存在するものをシェア(共有利用)する時代に
    • シェアハウス
    • シェアカー
    • シェア…?
商売の仕方を変える時代になっている
シェアリングビジネス
  1. from.A:困った!を発信
  2. from.B,to.A:解決!を発信
  3. from.A,to.B:解決!を検討
  4. to.A:解決!を相談

仮想時代における信頼関係

医療ビジネス
→Welqの騒動もあるので非常に慎重な対応が必要
サーバー管理
性善説による
  • データーサーバー管理会社の悪用
  • コミュニティ
ぐっちー:私が気に入らない会社は秘密主義。気付かないぐらい緩やかに沈む…

性悪説による
  • ルール化
法ーやっていい、やっていけないーの悪
→ルールの数だけ進行が遅くなる
こうしたいよね(ポジティブ)とこうあるべき(ネガティブ)
  • 良いものをより良くする→価値が高く生まれやすいが時間が掛かる
  • 悪いものを良くしていく→今ある問題点の解消など目的が定まり効果が出やすいが、価値は低く制約が多い / 筆者注業務・自動化はこれじゃね?
納期(期待値)を限定しない:コントロールする
具体的に言うと…
この記事は酔っぱらっている状態で直に聞いた事を無編集で書きまくってるので全てが事実とは限りませんが、耳半分でお付き合いください、など。

第三部 Q&A 2017年の未来。これから~

ノイジーコミュニティ・

コミュニティの利点として、人を選ぶ事ができる

個人として2017年問題に臨む場合

ありがたい事に取り上げていただきました、土方の野村です。ゴローでした。
この場を借りまして、改めてありがとうございます!
この辺は変わらない。やりたいことをやれ。
やれることを増やすと楽しいことが見つかる。

非常に心に沁みました……!

ちょっと心で泣いてたので以降、抜けがちょいちょい出てしまってます。

ブログに書く話なので、会場の雰囲気とかもありきの質問なのでこの場で補足させていただきます。
質問の真意は、今回のテーマについてビジネスに合わせて身の振り方を考えなければならないのかな?というものでした。
こちらについて、非常に的確なご回答をいただけて感動しました。

Part3になるのかな?書いている時点では分からないんですがたぶん出てくると思います。

2020年に向けて,2030年に向けての2017年

別に東京オリンピックの話をするわけではないです。
浮かれろ

因みに2030年はあまりにもアレすぎて語るのが難しい…
パーソナルモビリティーなど技術革新
乱暴な言い方だと無人タクシーとか。アレを「事故した時にだれが責任取るの?」という話。
倫理の壁でいうと「自分が生きるために4人を轢いてしまうか、自分を犠牲にするか」
自分を犠牲にする、とは言うけど自分を犠牲にするような車に乗るか?買うか?
法律と合コン
今回、私すごくショッキングなw
ゆるふわという魔法の言葉を使って哲学を語り合うと恋が芽生える、まで。

この辺はPart3だ!
参加者としてはマジでショッキングでした。

まとめ

真面目なテーマにガチな意見が交わされるえげつない場でした…
いやはや、ビックリですコレ。

最後に抽選会があったりで、楽しめました!
OK キャンセル 確認 その他