サイト内検索

久しぶりに三国志の話でも

【いい画像が見つからなかったので全部アマゾンです】

どうも、ごろうです。

久しぶりに三国志の話をば。
何をするにも、まずは演義と正史の話をしなければなりません。
ざっくりで言うと[横山光輝]三国志などは演義です。蒼天航路は正史よりですね。


見分け方として、桃園の誓いがあるかないか。それだけで十分です。
その後の進行が明らかに違います。具体的には、正史にのみ登場する武将と正史には登場しない武将がいるので、そこを押さえれば難しくありません。
正史と演義の決定的な違いは楽しみ方だと思っています。

演義は見るもので、正史は考える(考察する)もの。そう捉えています。
Koeiの三国志シリーズもあれは演義です。ゲームバランス等で正史武将が登場しますが、イベントを見ていると正史より演義に寄っています。
三國無双はもう何かわからないものになっていますが、無理やり分類するなら演義です。

正史ないかなぁ、と思って探したらこんなのがありました。

三国志孟達異伝
三国志魏延異伝
三国志劉禅異伝

PARAFLANOIA

これは100%正史です。
同じような事を考えて文庫を出した人がいます。北方謙三氏です。



マンガではないですが、上のFlashで面白さの一端に気付いてもらえたら、北方謙三ワールドはハマると思います。
正史ってなに?と言われれば私はまずこれを推したい。
(でもとっつきにくいから蒼天航路を出してから北方謙三がいいかなぁ。ガチだし)


しかしまぁ、Flash黄金時代をそのまま生き移したようなサイトに出会えるとは思わなかった。
当時infoseekが時代を持っていたのですが、サービスが停止する頃には多くのサイトが閉鎖か更新凍結状態になっていたので、
当時のデータは残っていないのがほとんどです。
今でこそWeb魚拓がありますが、当然そんなものはなかったので記憶にしか残らないものになりました。
歴史の話なのでちょっと歴史的な話をすると、Flash黄金時代の中で東方Projectのコンテンツが加速していく事になります。
そのサイトにその頃の名残になったFlashが残っていますね。
ニコニコ動画αはそんな折に2chの試験サイト的な運用をされていた頃があり、テキストベースの板からグラフィカルベースのサービスを打ち出し、爆発的にユーザーを集めていきました。
いわゆる魔理沙は大切なものを盗んでいきました事件がこれです。
その後、当時名を馳せたFlash職人は迷走ポタージュというサークルを建てつつも独自性のあるコンテンツを打ち出していきました。
東方プロジェクト自体については魔理沙は~以降は多くの資料が残っていますので、足跡をたどるのは難しくないでしょう。

閑話休題

そういえば、コーエー本家三国志でもIFシナリオを扱っているものがあります。
三国志Ⅵの異三国志はちょっとしたサプライズでしたね。

208年、劉備が劉表勢力をそのまま取り込み、馬騰を殺され復讐に燃える馬超勢力もそのまま取り込み、荊州と涼州を持って曹操と対峙します。
このシナリオで辛いのは呉。定石なら荊州と益州を押さえて劉軍を取り込んで魏と南北朝を作るんですが、
劉軍が健康な状態なので魏になんとかしてもらわないと正直戦いにくい。
同様の理由で劉璋勢力はほとんど詰んでるに等しい展開です。
三国志Ⅷの211年?劉璋勢力が成都のみという笑えない展開よりは人材も拠点数もマシなのでその面ではまだマシか。
南蛮の場合、劉備勢力が大きいので気が付いたら勢力が滅亡している、という事もそうそうないので劉璋に攻め込んだ後がだいぶ楽になってます。
そもそも南蛮でそこまでできるユーザーの場合、かなりやり慣れているので大体どうにか出来ると思います。

異三国志、今はこうなってるんですねぇ…



当時はインターネットも発達していなかった頃なので、買いそろえるのが本当に大変でした。
実際揃ってなかったので、この機会に揃えてしまいましたが、まだ余ってるみたいですね。
同じ思いをされた方の手に届く事を願います。




ひとつ、面白いサイトを紹介して、末文とします。

http://hajimete-sangokushi.com/

上の話で言うと正史ベースですね。
とはいえ、視点が演義なので入りやすいと思います。


追記
さすがにこれには真顔になった。



高いわけでもないので、ちょっとやってみて後日レビューなりでもさせてもらいます。
OK キャンセル 確認 その他