サイト内検索

地震被害を忘れない日

どうも、ごろうです。
早いもので、東日本大震災ー東北地方太平洋沖地震から五年になります。
阪神・淡路大震災ー兵庫県南部地震はもう21年目を迎えています。
私は東日本大震災が発生した時は関西にいましたが、大阪のオフィスも大揺れに揺れてパニック状態になった事を覚えています。

色々なお話や黙とうを捧げるなど、各社でも地震と防災意識を忘れない努力がなされていると思います。
私のクライアントさんでも全社的に実施されました。
日常的には気にしていなかった階段の昇り降りがかなり難しく、また実際には降りている間に揺れが発生する可能性もあるためスムーズにいかない事も予想されます。
(訓練なので実際に揺れている状態で階段を下りる事は出来ませんが)


また集合場所についても問題がある事に気づくでしょう。
たとえば、施設の構造上どうしても扉はあります。地震で扉がひしゃげていたら通行する事が出来ません。
また通路の積荷が崩れて退路が塞がってしまったら?
たかが訓練ですが、そういったものを確認する機会でもあります。


非常持ち出し袋があればそれらのアイテムの使い方を意識すると良いでしょう。
どこに何があるのか、常に覚えておくとまで言いませんが「そういうものがあるという事を認識する」だけでもかなり違います。


家族との非常時の連絡手段や合流場所などを予め決める・相談するなどの機会でもあります。
あなたは、あなたのご家族は非常時についてどうするのか決めていますか?


すこし私の話をします。
といっても、東日本大震災ではなく阪神淡路大震災の話になります。

東日本大震災の時は阪神淡路大震災の時より通信インフラがしっかりしていましたが、それでもマヒするような状況になりました。
阪神淡路大震災の時も電力が満足に供給されず、大変不便な状況での生活を余儀なくされました。
と言っても電力供給自体がマヒしただけで発電量が下がった訳ではないので、その点は本当に不幸中の幸いだったと思います。
通信インフラも発達途上の状態で、電力まで断たれていたら本当に立ち行かなくなっていたでしょう。

当時は非常用袋などのノウハウも薄く、防災意識はほぼ皆無でした。
というのも、大きな地震は記憶の彼方どころか経験した事もない方が多かったと言います。
そんな状態で当時観測史上最大級の大地震が直撃したわけです。現場は混乱に混乱を極めました。
携帯電話なんてものはなく、家の電話は使い物にならず、そもそも家に入れない人だっていたのです。
こういう比較の仕方は良くないですが、まだ家が残った私などはマシな方でした。
築年数を考えると奇跡的ですらありました。
(今は実家も新築に引っ越しました)

当時私の叔父は発電所勤務の職員でしたので、直接話を聞く機会がありましたが、とても凄惨なものでした。
全員が全員、生きるのに必死だった。それは職員の方々も例外ではなく、彼らにも家族がいる中で、被災した家の電力復旧を優先して復興作業をされていたのです。
その中には家族と連絡を取る事が出来なくて、仕事を投げ出して家族を探しに行きたかった人もいたと思います。

色々な思いがあった事を叔父の話から学びました。
うまく伝えることが出来ないので、現場の声に近いものを探しましたところ関西電力のホームページにありましたのでご紹介します。

早期復旧への第一歩:関西電力

上記からでも窺い知る事が出来ます。


私は阪神淡路大震災に被災した時からずっと意識していることがあります。
とにかく紙の消費を抑えました。ティッシュ・トイレットペーパー等の大量に消費しがちな日常品は、普段から消費量を少なくしてやりくりできる練習をしておかないといざというときにすぐに不足しますし、衛生上よくありません。
消費は少なく、効果は最大限にする。普段の意識掛けでだいぶ変わります。
なので、トイレットペーパーなんかは特に一度使うだけでゴロゴロ音を立てるなんて以ての外。
日常的にもそんなに使わないはずですし、被災してからもそういう使い方をするでしょうか。

ティッシュもいきなり中心を使うのではなく、必要な範囲を決めて用途を分けたりアプローチを変えて使う。
普段ティッシュを2、3枚使っていたものが1枚で完了できるかもしれない。
また、ティッシュではなくダスターを使えるならそうしましょう。
紙は大変貴重です。

水も大量に使うのではなく効率的に使う。
普段から水の飲み方を意識しろとは言いませんが、ガブ飲みをするんじゃなくて口を濡らす、喉を潤すなど「ちょい飲み」を意識すると体が慣れます。
コーヒーをよく飲まれる方はカフェイン中毒抑制にもなります。清涼飲料をよく飲む方も健康促進につながります。
機会があれば意識してみてください。

探せば、もしかしたら探さなくても多くのムダがある事に気づくでしょう。
今日はそういう事を考えるよい機会としてください。

末文になりましたが、当時の事で多少厳しい内容になってしまいます事をお詫びします。
OK キャンセル 確認 その他