サイト内検索

中国企業が、男性社員のやる気を引き出す「かわいい女子社員」を採用

なんで日本ではやってくれないんですか!!!!!!!11111
中国のIT企業が「かわいい女子社員」の採用を始めた
女性とのコミュニケーションが苦手なプログラマーのやる気を引き出すため
朝ごはんを買ってきたり、デスクを周って応援の声をかけたりするという
中国のIT企業が男性社員のためにかわいい女性社員を採用 業務効率が向上 - ライブドアニュース

のむらです。
この記事を読んだ瞬間に思った事はもう既に書いていますので、なんかそれっぽい理論武装で導入を促したいと思います。

とはいえ、私的には気がかりな部分もちょこちょこ書き出します。概ね否定的な表現をしますので、敢えて最初に意見を述べさせてもらいました。

きょうのおはなし

人件費

これは記事元でも言われていますね。
以下に掲げる問題を解消する意味でも数人で、というよりは何人か入れてグループ・コミュニティを作るようにしておくのが精神衛生上良い気がします。
そして採用するとしても、ただのかわいい女子社員なのか優秀なプログラミング女子なのか、というとまた別の話でしょう。
どうせだったら社内教育されてはいかがですか?

社内恋愛

一番取り上げたいのはコレです。いつのまにか寿退社なんてなっていたら目も当てられません。
とはいえ、引用させていただいている通り男性プログラマー社員はそもそもコミュニケーション能力に難があります。これは日本でも同じ。
彼らが積極的に恋愛事に持っていく事は考えにくい=発生するワケですが、違う形でも何かが起こってしまえば風紀は乱れます。
女性社員がチームの推進剤になると同時に起爆剤にもなるのです。
昔から傾国と言いますが、プロジェクトチームは小さな国と呼んでもよいでしょう。
どう対応するか難しいところですね。

ポジション

簡単にプログラミング女子と言いましたが、チームメンバーとして置くかプロジェクトサポートとして置くか、あるいはマネージャやリーダーとするとまた話が変わってきます。
スキル面はいわゆる男性社員と同列と仮定した場合でもアプローチは違う。

同様に日本人PMと日本国外のPMであったり、そもそも日本のプロジェクトか国外プロジェクトかで性格が違います。
まさにプロジェクトは生き物、と言いましょうか。

私程度の少ない経験で男性主導・女性主導のプロジェクトについて語るつもりはありませんが、わざわざ制御できるか分からないリスクを取る理由もないと思います。

性差別では?

そんなことないです。むしろ男性ばかりが詰めているオフィスがおかしいと思います。
新人時代は文化としてもまだ古かったので社内を同性が占めていた環境が多く、ちょっと視野狭窄になるきらいがありました。
もちろん同性ですと変な気遣いが要らなくてラクな部分はありますが、オフィスです。絞めるべきは絞める必要があります。

とはいえ、費用対効果を意識した上で実践すべきです。
チームメンバー全体がROIを意識できるようならまだしも、普通の感覚だとそこまで考えてやらないのでリーダーは大変です…。
とはいえ、採用して1年程度でもROIなんて測りようがないのでそこが難しいところですね…

まとめ

とはいえ、長期的な目で見ると社内環境の改善から労働環境から、少しずつ新しい風潮が作られる原動力にもなります。
グローバル化を検討されるなら、まずは性別の壁を超えるところから始めるべきでしょう。
OK キャンセル 確認 その他