サイト内検索

2016/04/16(土)避難所情報や支援活動など(熊本・九州地方大地震(気象庁発表:2016(平成28)年熊本地震)

不謹慎とかそういう記事ではありません。

必要な事しか書きません。
今現地がどうなっているか行ってないので推測になってしまいます。
この記事を元に現場での最新情報が食い違う場合、現場最優先です。

避難所について

避難所マップ(熊本県) - Yahoo!天気・災害
熊本市避難所情報

どちらかはつながると思います。
ただしどこもいっぱいいっぱいになっていると思いますので、まずは最寄りの避難所で相談してください。
余震もあるので移動する際は十分注意してください。

場合によっては車中泊も考えておきましょう。あくまでも最終手段としてです。
当然行政や避難所からは控えるよう言われると思いますが、寝る場所がないのではどうしようもない事を伝え、どこなら良いか行政判断の確認をしてください。
ただし今入っているガス分しか使えませんので、あまり動き回りすぎないようにしてください。

今身近にあるものを使う

「3.11」から5年 「東京防災」に載ってる緊急グッズ、実際に作ってみた: 東京バーゲンマニア
とても参考になります。
他にも使えるものはないか、知恵を絞りましょう。

以下、被災地への支援活動についてまとめます。
ありがたい行為とありがた迷惑な行為をそれぞれ書き出します。

被災地への支援活動について

支援物資について

今の時期はまだ屋外はとても寒いです。衣類など暖を取れるものを送ってください。
現段階で支援物資は数日持つ避難所が出始めていますが、交通マヒで届くのは数日かかると思われます(東日本大地震に学ぶ)

九州にはコンビニがあります

あまり失礼な事は言わないように。

支援活動について

現地への救助活動にはいかないでください。
備蓄は消費されるわ、電気は使われるわ、場所は取られるわで正直ジャマです。
それぐらいなら、被災者の身内の方の同意を得てご自宅で預かるなど、より安全な環境や心のケアに努めてください。

送ると良いもの

  • 靴下
  • 厚手のインナー
  • 汗を吸い取るもの(着替えを前提にします。大量に必要です)
  • ブランケット
  • カイロは一過性ですが、凍傷予防の対症療法的に使えます
  • 雨避け。屋外にはテント、カッパなど。傘はあまり使わないです。
  • 温水を作れるもの(場合によってはポッド、電気ケトルもやむなしです。

困らないけど重要ではないもの

  • 電気を使うもの
    • UPS(補助電源装置)
      絶対数が足りなさ過ぎることとUPS自体の容量が残念なのに重すぎて使い物になりませんが、集会場近辺ではあると非常に助かります
    • 嗜好品
      苦しみを紛らわすアイテムは需要が高いです。ただし非電源のものに限ります。

寄付について

Yahoo基金の右側に寄付ってボタンがあるのでそこから出来ます。
yahoo基金.PNG



情報に誤りがあればご指摘ください。





一部の方の過激な活動について

現地の住民から電気を奪うような事をしないでください。
科学技術館でお勉強されたり、ネットなんかで調べれば分かりますが火力発電とは比べ物にならないぐらい発電量が違うんです。
お気持ちはわかりますけど、そもそも住民の安全のためと考えてるのはあなただけじゃなくて行政も考えています。信用する・しないは彼らの生活が落ち着いた後の話です。
OK キャンセル 確認 その他