ページ内検索

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン #レビュー #映画 #洋画 #アクション

え~です、しばらくぶりです。
C91に落選してしまったので、この土日の予定が全て空白になりました。
で、なにもしないのもなんだかなぁ、と思ってさっき映画を借りてきました。
という事で、珍しく映画の話です。

今回はタイトルの通り、アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロンのレビューです。

ざっくりな話

前作見てないので変な事を書くかもですが…

人間の進化こそが人類を守る、たとえば宇宙人。
だが今を生きる人間は新しいものを認めない、作らない。そういう風潮に嫌気、いや危機感を覚えた彼は「今」を人類を守る仕組みと、人類を侵略させるアベンジャーズをなくす、という壮大な計画を立てます。

Strucker(ストラッカー)は厳重に保管されていたものの、彼を監視するプログラムを攻撃し、乗っ取りを繰り返して一気に世界中を攻撃します。
その中で一つ、過去に因縁のある武器商人を訪れます。
がウルトロンの一同も突き止めており、先に潜入していました。そこでアベンジャーズたちと一戦交える事になります。
アベンジャーズは善戦しますが、彼らは既にインターネットに生きており地上で活動する媒体を倒しても本体を倒した事にはならず、どちらが勝ったとは言えない結果でした。
そこで、アベンジャーズはウルトロン討伐に乗り出すことになります。

今日のお話まとめ

続きを読む

OK キャンセル 確認 その他