ページ内検索

2017/03/06(月)2017年に入って1クール分結果が出揃ったので予想モデル立てる

はてブ数 2017/03/06 18:05 マニアックス::まとめ
メタ
ちょっと機械学習のアルゴリズム修正のためにメモ用に残す記事
技術の無駄遣いなのも、あるいはもっと建設的な方向に使え、というのはナシでよろしく

ゲーム業界から転身しました、志摩嶋エイジ(@official_nomura)です。
ハードウェアを作るお仕事だったので、アプリ屋やソフト屋の話は分からないです。
なので喋れる!素晴らしい!

去年からハマっているAI機械学習のため、そして去年ランキング作ってえらい大変だったので、ブログをそれ用に合わせて行こうと思います。
もうちょいちょい、アップデートにお付き合いいただければと。

きょうのおはなし

対象者

  • 小生の人
  • 今年買ったゲームの本数が3本以上
  • 見送ったゲームは10本以上
  • 2月タイトルの値崩れ待ちユーザー
人生終わっとる自覚はあるが、ここ数年の一番の楽しみなんじゃぁ

まずは目的

そんなもん、自己満足以外にあるわけない。
これ以上にノウハウがあるもので私が未来予測モデルを立てられるもの、そして即即で結果が出そうで使えそうなものがなかったんだなぁ……

発売推移は結構優秀

販売数とかいう不透明なデータを使うよりは、
  • 実際に出た
  • どのタイミングで発売延期が分かった
  • 今までの延期率
  • 月末には必ず結果が出る
これらの結果から期待値を導くだけなので、アレなゲーマーが機械学習入門に使うデータとアプローチとしては非常に向いているのではないだろうか?というのが本音。

なお、機械学習と言われると画像認証を想起されますが、仕組み的に違う事をやってるので画像処理とかはしないです

将来的な話

このゲームはFDが出る・出ないとか、これだけ売れたらFD出すといいよ、とかが予測モデルから見えるとファンがFDを望む場合はゲームタイトル購入促進になると思うんです。どうでしょうか?

俺のために!
FDを!
出して下さい!
なんでもしますから!
枯れない世界と終わる花FDとかさー、
クロシェットさんデレさせる方法とかさー、
星咲イリアが次にどの作品なら出てくれるとかさー、

そういう、前向きなのか後ろ向きなのか分からない使い方がしたいです。

もうちょっと厭らしい話

シナリオガーとかゲンガガーとかOPガーとかキョクガーとかセイユウガーとか、色々と言い続けているけど、そろそろハッキリさせられる指標を立てられないかなと。
実は去年と一昨年、アニメ沼にどっぷり浸かってみたんだけど、彼らにも彼らのよく分からない基準で評価をしているアレ。
この業界にもそういう流れがあって、外から見るとやはり異質。
なんせ、内側にいる人間ですら作品の評価を厳密に読みきれないのだから。

参考:くまみこ事件

毎月ゲームを精力的に出しまくってるCampusとかSofthouse-sealとかアパダッシュ・アパタイト辺りがおいらを呼んでくれないかな~、なんて微塵も思ってない。
本当だぞ!

本題

故あってブログに全部書いたんですが、こういう処理をさせるならスプレッドシートのほうがいいですね。

(凡例)
  • 第1週~5週までを足してます。
  • 週末の金曜日を想定していますが、カッコ書きをしている場合、前の数字は金曜日ではないことを示しています。
  • 減算しているのは延期になったものです。
2014201520162017
1月0+0+0+6+31-5320+0+1+3+33-5290+0+0+0+28-2260+0+0+36-234
2月1+4+5+33-3400+2+6+29-2350+0+0+35-11240+0+1+24-421
3月0+1+(2+2)+2+46-12411+1+6+37-5400+0+2+38-9310+1+20+7-?28-?
4月0+3+1+42+1-11360+1+1+25+(2)290+0+1+4+(33+2)-733-
5月0+0+0+5+44-12371+0+1+4+34-6340+1+0+42-340-
6月0+4+2+35-338(1+2)+3+2+36-5390+0+0+30-822-
7月0+1+2+44-11360+3+0+20+10-5280+0+0+1+33-331-
8月0+3+1+1+31-3330+3+3+26-5271+2+0+35-731-
9月0+2+1+34-11262+2+12+16-5271+2+9+23-431-
10月3+1+9+30-3400+0+2+13+(1+27)-5381+0+1+30-626-
11月1+2+6+37-5410+1+2+38-6350+1+0+41-735-
12月2+5+27+16-4461+4+9+22-6301+1+1+(42+2)+1-543-
この時期にやったのも、3月のタイトルが異様に少ないと感じたからに他ならないからだが、まぁまだ慌てるような時間ではない。*1
慣習的に激戦区だと思われている3月だが、実はそうでもない事がこの表から見て取れるでしょうか?

では4月はどうか?
既に公開されている来月のムービー数は10作品、2016年3月の予告動画での4月ムービーは11作品です。
去年と変わらないのはCIRCUS、Campus、あかべぇ(hibiki works)、ちなみにCIRCUSはD.S.が去年4月、そしてFDが今年4月に出るようです。
同様にあかべぇからもPURELY CATIONが新妻LOVERY CATION、よほど計画的に出されている気がしてなりません。

他にチュアブルソフトやまどソフト、Tinkle Position、そしてエウシュリーといった面々がここにあるものの、今年はまだ情報が出ていません。
TinPosiはFDが出て、エウシュリーはGW外しというところで、他の情報が気がかり。
なお、去年頑張っていたすたじお緑茶は現在アペンドシチュエーションの方で期待できる情報が出ています。

去年もアリスソフト不在

ランスシリーズの続報が待たれます。

結論付けるのはまだ早い

今年はわりと不安な状況と思われるかもですが、ぶっちゃけ去年と変わらない見通しです。
Campusやアパタイト・アパダッシュといったロープライスブランドがメキメキと力をつけており、時間のないソシャろげまに合わせたスタイルに切り替えているためです。
実際、長らくフルプライスを出してきたwhirlpoolもロープライスを打ち出してきていますし、あかべぇ系なんて多方面に手を出していますよね。
その中でも目を見張るべきはフロントウイング。コロナブロッサムシリーズが一段落ついてしまったながら、かなり意欲的なメーカーなので新しい企画を楽しみにしたいところ。
softhouse-sealもまだ本気を出していないし、fengやAlcotハニカム、ま~まれぇどから新作が出るかも知れない情報もあるので、今悲観する事はないです。
ぶっちゃけ例年通りであるだろうなのは表やこういう背後関係から明確かと。

ちょっとアレな話

メーカー数が減ってもユーザーの絶対数自体は大きく変動しないと考えられるため、小さなメーカーが合併・協力するか大きなメーカーからラインを切り出して新ブランドが立ち上がるか、という流れを今までもやってきているので、住人は変わらないでしょう。
今年も色々と言われるだろうが、悲観することはなにもないのではないかと思います。

おまけ・バレンタインの扱い

今までの話であーだこーだ言うより、来年のバレンタインがどういう演出になるのか考えたほうが楽しいです。
  • 2014:バレンタインの日が反射して見えない……!
  • 2015:バレンタインの曜日をぶっこ抜き
  • 2016:バレンタインの週をぶっこ抜き
  • 2017:血塗られたバレンタインデー
作品推移について思う存分語ったし、次は声優版でやってみようかと、そう思ってます。
こういうのは事実がどーとか、考え方がどーとか言うより考える事が楽しいのですから。

*1 : フラグ

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

OK キャンセル 確認 その他