ページ内検索

2017/01/11(水)【動画あり】アイカギ #体験版

アイカギcp.JPG

公式ページではなく、アマカノ+からのダウンロードで遊べる体験版です。

志摩嶋エイジ(@official_nomura)です。
絶賛インフル中です、マジで辛い……
細かいことは向こうのブログに書いておきました。
2017年1月付:インフルエンザに掛かってしまいました…… – きょうのごろう

いやぁ、シャレにならないっす

きょうのおすすめ

  • あざらしソフト信者
  • ラブイチャスキー=モットク=レーさん(1978~)
  • 公式の情報が少なすぎてよく分からない人

きょうのおはなし

動画

重いので個別ページ。いつも通りですね。

体験版について

公式ページにはありません。アマカノ+からダウンロードする必要があります。
ダウンロード出来るようになりましたね。
#アマカノ plus 冬と言えばこれ!気持ちがほんわか温かくなる等身大日常アドベンチャーin#ミニゲーム

まずはじめに

まず、アマカノ時空とは違う場所で始まります。
場所が違うので厳密には時空は合ってるかもしれませんが、とりあえず別の場所と考えておいたほうが精神的に良いことが多いと思います。
その上で、作品を遊び始める事をおすすめします。

アイカギとは

ロープライスゲーです。アマカノ系が軒並みフルプライスだったので手に取りやすいですね。
恐らくですが、アマカノ2と開発時期が被るのでリソースの分配もあったんじゃないかなと思ってます。

ロープラらしくヒロインの高感度は高い状態が初期値です。何故高くなったのか、という理由付けはどこかでされると思います。この辺はロープラテンプレートですが、あるのとないのとでは説得力が違う!
そうでなくても幼なじみなので何かが起こっていてもおかしくはないです。

そんな状態から予期せずして同棲が始まります。たかが一ヶ月、されど一ヶ月。
そういえば、初めて会った男性と女性の小指に赤い糸(*1閲覧注意)を結んで一日生活させたら恋愛対象として見れる、というやつです。
臨床実験もなにも、マスメディアが証明したので(言わせただけかも分からないですが、結構素の反応が出てるので企画自体はガチな気がします。モルモット感はありますが、将来の幸せを得られるならモルモット上等ではないでしょうか)同様の効果が出ていると見ても間違いではないと思います。

そんなんなったらそりゃーもうそうなるしかないでしょう(断言)

*1 : 【赤い糸】実際は紐です。毛糸のもうちょい太めの、扉が微妙に閉まりきらないアレ

スクリーンショットとか

アイカギ.JPG

アマカノ+を買った人はある事をするとダウンロード出来ます。
条件は難しくありません。隅から隅まで探しましょう。

沼:コンフィグ

アイカギ1.JPG

アイカギ2.JPG

アイカギ3.JPG

可愛いですね。
ごちゃごちゃした設定がないのでスッキリしてていい!と思う反面、色々弄れた方が良いという意見もあります。
女性向け作品と比べるとこれでも多いぐらいですが……。

アイカギ6.JPG

セーブ&ロード沼より。こちらはセーブしたものしかさわれません。クイックセーブは開けないため、実施するにはそのままクイックロードボタンから呼び出す必要があります。

アイカギ4.JPG


呼び出すのはここからのみ。
選択肢とかでクイックセーブ出来ない場合は結構大変です。

アイカギ5.JPG


更にいうと、これを見る限りジャンプも再生も出来ないので、今時のエンジンにしてはそうとう機能弱めです。

アイカギ8.JPG

ロードもセーブしたものしか対応していません。
現状だと選択肢後のロードが難しいため、アイキャッチが入るたびにセーブを入れても良いかもしれません。

分かる人向け:ゲームエンジン

YU-RISの問題ではなく単純に作り込みの話です。
WhirlpoolもずっとYU-RISを使っていて、バックシーンやシーンジャンプ、ボイス再生と更に登録まで対応しています。
また、ロード画面ではオートセーブ・クイックセーブも対象になります。
というのも、ライブラリこそ少ないですがYU-RISは吉里吉里系とくらべて出来る範囲が広いのです。
特筆すべきはゲームエンジン内で完結できるカメラ機能でしょうか。Unityなどでカメラを操作する必要はありません。
さすがに凝ったエフェクトはUnityを使用する必要がありますが……。

なお、アマカノはCatSystem2というエンジンを使ってます。アイカギはお察しの通りYU-RISエンジンを採用しています。
CatSystem2は設定によってある程度は解決出来ますが、YU-RISはレジストリ値と強い依存関係がありますので注意してください。

制作陣

アマカノシリーズとは違う、短編みたいですね。
シナリオも龍岳来ではなく、同じく原画もピロ水ではないため別ラインを作ったように見えます。

感想

あざらしソフトが目指している「温かいゲーム」である事は間違いないだろうと確信してます。
親父さま事件があって反省しているような対応が見て取れたので、本作ではそもそも行き過ぎた対応を取る事はないでしょう。
アマカノ Second Seasonでもそうでしたし、そもそもロープライスなので小さな問題しか起こせないだろう、というある程度の予想が成り立ちやすい気がしています。

予約

その前に、体験版



体験版にミドルプライスは重いですね。どうせだったらアマカノ本編同梱パックとかあれば良かったのに、と私は思ってます。

予約



さすがはげっちゅ屋ですね。
ゲーム系は軒並み安くなる傾向があります。

この記事を読んだ人は、以下の記事も参考にしています

OK キャンセル 確認 その他