Java勉強中…

どうも~!中です。
今日からかつてよりお話いただいていたプログラミングの学校に入校しました!
希望地とは真逆で、しかもバスで結構時間がかかるというから「これ大丈夫なんかな…?」と不安を抱えつつ。

しかしプログラマーは時と場所を選ばず、パソコン一つあればプログラムは書けるのです!
効率とか考えるとどう考えても悪いし、クオリティも低くなってしまうのは当然ですね。

たとえば、
料理が得意な人はどんなフライパンでも調理できますが、やっぱり専用と比べると使いにくかったり、あともうちょっと!が足りない事もあります。
同じように、プログラマーはメモ帳でもプログラムは書けますが、きちんとしたエディタと比べると使いにくかったり、あともうちょっと!となるわけです。

火がなかったらフライパンの用途が限られるように、パソコンがなければプログラムは大変です。
紙に書いて頑張るという事もありますが、基本的に修正しまくるので相当キツイ!
履歴書を手書きしますか?それとも印刷して打ち出しますか?というハナシ。

ちょっとプログラマ寄りに言うと、JavaやC#系はあっちこっちで結びつきを強くしたがります。
おそらく200行書いたぐらいでも「これってどこにやったっけ?」なんて事をよく言うんです。
なんでそういう事をしているかと言うと、繰り返し使う事が非常に多いので、どこからでも・誰でも使えるようにしよう!という思想があるからですね。

音楽で例えましょう。
AメロBメロサビ
Bメロサビ
Cメロ
サビサビ

みたいな曲があったとして
AメロとCメロを変えたい!となったら一か所だけ直すのでいいです。
Bメロを変えたい!となったら二か所直します。
サビを変えたい!となったら四か所も直します。

プログラムは1回だけとか2回だけとかじゃなく、よくわからんけどいっぱい!みたいな使い方が結構されるんですね。
その時10回とか20回、手直しするならしゃーないな、でいいかも知れません。
その10回とか20回の手直しを1セットとして、10セットやろう!となったらアホか!と怒りたくなりますよね。

だから、何回修正しようが出来るだけ手間を減らそう!ということで結びつきを強めるのです。

これがメモ帳だとつらいのは、どことどこがつながってるんだっけ?が分からないこと。
エクセルなりを使ってメモする方法もありますが、そもそもそういう管理の仕方自体が無駄ですよね。

という事に気付いてもらえると悲鳴を上げたくなる理由をご理解いただけるのかなと思います。

メモ帳はよくわからん!

というような状態にならないか、心配だったという話をしたかった。

勉強会に参加しました

昨日は久しぶりに「なんかそれっぽいかも?」なんて思う事をしてました。

朝は通常業務を行い、
昼はプラスアルファの仕事を行い、
夜は打ち合わせを行い、
深夜は勉強会と共有を行い、
朝まで来期の計画策定を行い、

本気で倒れるかと思いましたが、普段から頑張ってサプリメントを飲んでいるので案外どうにでもなるものです。
今倒れないために普段から予防する。欧米式っぽいですね。
欧米式は日本式と違って予防なんです。対症療法的に病院へ行くとかそういう事はない。
<a target=”_blank” href=”http://www.fmed.jp/iryou/kokusaihikaku.html”>参考:医療の国際比較(福山市医師会)</a>

自分で言うのもなんですが、結構頑張って何でも解決しようとするんですよね。
「検討します」よりも「やってみます」っていう言葉が好きなんです。
もちろん、出来る出来ないの判断はありますが、お客さんによっては出来なくてもやってみた、くれた事を評価していただく事もあります。
そこはどうやってクロージングするか、アフターフォローが出来るか、という部分にも掛かってきますが、こればかりは慣れですね。
私もなんだかんだで弱い部分です。

やってみます、を言った結果が今日のようなスケジュールになってしまって、翌日の今日ですね。結局10分寝坊をしてしまったというハナシで、なんとも情けないものです。
私も気合が足りません。

就職活動セミナー行ってきます

どうもです。

明後日に東京ドームシティでマイナビEXPOさんの転職フェアがありますね。
在職中の方も就活中の方も、多くの人々と出会える機会はそうそうないので、参加してみるといいですよ。
@Typeさんですとか、リクナビさんですとかいろんな人材派遣会社が力を入れているので、企業も当然粒ぞろいですね。

名前がない=力がないという事は決してないです。
今のご時世、大手が安泰だとか正社員が安泰だとか、そういう寝言は言えない時代になってきています。
親がそういうから、という事で何かと大手や正社員に拘る学生さん、社会人さんとお話してきましたが、早く目を覚まさなければダメですよ。

私もどこでもいいからやってみろとは言いませんし、言えませんが、現在成功されている実業家の方は最初大手にいた方も結局大手で働く自身の未来を案じて、安定していると言われた状態から独立してすごく頑張った方ばかりです。
また、大手だと100人単位での大規模なリストラをされたりもあります。
そんな話がそこかしこで聞こえてきます。

2020年までになくなる、変わる仕事の形で色々と騒がれていますが、あの資料も気付いた人が気付かない人向けにやさしく噛み砕いて作った資料です。
私はそれを読んで、自分の仕事がなくなるかもしれない、と本気で考えています。
今ある仕事で安心してちゃダメなんです。
一つ二つダメになったところで、柱をスライドさせてしまえばいいんですが、全部ダメになった場合は?
今持っているスキルが将来役に立たなくなる可能性がある以上、収入の柱や仕事スキルは幅広い方がいいです。
まだもぐりこめそうな今だからこそ、これからなくなると言われた業界に身を置いていても逃げ道を探せるのだと思っています。

皆さん、気付きましょう。

ひろうえん!

昨日、結婚式の披露宴がありました。
結婚したのは、小学生時代からの友人?腐れ縁で、こいつが結婚するんか~、みたいな感じだったんですが、
いざ参加してみると、やっぱりすごく幸せそうにやってる。

いやぁ、ホント羨ましいですね!
このトシで結婚、というといやいやまだまだだ、と思うんですが、見るとさすがに焦りますね~。
新郎新婦ともにお金がないからご祝儀もってこられても困る(笑)と、電話口で話していたんで
この夫婦、変な別れ方をしないだろうかと勝手に心配していたものですが、そういう事じゃないんだなぁ、と見て感じた次第です。

本当におめでとう!

学生の時に仲良くしてくれてありがとう!

そして、参加してくれたみんなにありがとう!

人様の心配をしてないで、自分の婚活事情の相談もしなければ、ですね~。

カゼの時期

季節の移り変わりは体調を崩しやすいと言います。

毎年のことながら、この時期は弱いんです。

皆さんもご自愛くださいませ。

体調を崩す時は体がアラートを上げる事もありますが、大体は気付かないんですよね。
体の事は体が知ってる。
耳を傾ける努力をしないとダメですね。

反省します。

誕生日!

はっび~ば~すで~ おいら!

もう26になりましたよ。
アラサ―の仲間入りです ガクガクブルブル ((((;゜Д゜)))
時間が流れるのって本当に早いなって思います。

関西から関東に引っ越してきていい感じの歳月が経っておりますけれども、いまだに関西の時のクセが抜けませんね。

特にイントネーション!

これ変えるの無理でしょ。
基本的にクエスチョンつけて相手に問うやり方に慣れてしまったおかげで、基本的に上がります。
というかそういうもんだと思って学生時代をやってきましたんでね。
細かい事を言うと、学生時代の時に関西以外から引っ越してきた子は居たには居たけど、あんまり発音とか方言は気にしなかったなぁ。

明らかにおかしい!となったんが引っ越してきて初めてタクシーを使った時。
初老かそこいらの陽気なタクシーの運ちゃんで、元々関西出身でこっちに出てきたというから大先輩!
その方と地元トークで盛り上がったんですが、よくよく聞くと変なイントネーションで?となったのが最初。

聞いてみれば、その運ちゃんも10年掛けて関西のイントネのクセを抜いていったらしく、元々関西訛りがキツい僕みたいなタイプだったと言うから、なかなか苦労されたらしく。
職場がそういうのに理解がある人がいてくれてだいぶ助かっていた、という事だったんで、相当苦労されたんだなぁ、と改めて思いました。

30までにはイントネ抜かなきゃなんだけど、毎年関西に帰って孝行しようと思ってるんで、ちょいちょい関西弁に帰ってくるんやろな~、なんて考えつつ。

5月病 にご注意

5月と言えば、2周期に1回、でかいカゼをこじらせてます、中です。
誕生月なんですが、あんまり縁起でもないので厄祓い必至でして。
ぐっちー:まだゴールデンウィーク前にこれ書いてるんですっごいアレなんですけど、ホントにアレですね、フラグですね。いや、遠投と言うべきか。

さて、くっそ真面目に言うと5月病は精神病の一種です。いわゆるリアリティショック。思ってたところと違うぞコノヤローって病気です。
新社会人にはありがちですね。そうでなくても、近年は群を抜いて新人に厳しいと思う……。
企業の求めるレベルと学校教育のレベル差があまりにもひどいというか。
あと、面接官や上司のコミュニケーション能力不足。本当にひどい。
例えば、過去に実際にあった話なんですが、質問の意図どころか何のために面接してるのか分からなさそうな面接官が居たので、曖昧で目的の見えない質問に対し逆に真意を問い質した事がありましたが、コミュニケーション能力不足という名前で不採用通知を頂いたことがあります。
不採用自体には異論はないですし、そもそも採用通知が来ても辞退していたと思いますが、なんで私がコミュニケーション能力不足の烙印を押されてるのか分からない。
初対面で俺とツーカーの仲に進展できる人間じゃないとダメって言うなら、そんな人間と一緒に仕事したいと思わないですわ。

っていうような理不尽な事はいっぱいありますよって事で、ここはひとつ。
五月病に掛かるのもある意味では調査不足ってところはありますが、実際に入らないとブラック企業のブラック振りなんて分からないものです。
その人にとって許せるブラック、許せないブラックというのは絶対にあるので、会社を早々に見限るのも1つです。
勤続が短いからダメだという会社は大体ブラックに当たって運がなかった人です。
失業率が高くて厳しいと言われている昨今、まともな企業に当たっていたらその人だってしがみついてでもやりますよ。特に転職回数が多い人ならば。
転職を通じて、クソみたいな企業に当たり続けているのでどこかしらで折り合いをつけようと考えているからです。
私もそんな時期がありましたし、これからもそうなるんじゃないかな、と思ってます。

だからこそ、五月病を一過性と思わないことです。
もっと厳しくなる前に、人生に取り返しがつかなくなる前に、対策を講じておくことをお勧めします。
例えば、会社で内定をもらった後は入社前までに転職活動をしやすい基盤を整えておくなどです。
労働審判上等、と言えるぐらいに調査をしておくと、社畜から脱却出来ます。その変わり、安定した職業を得るのは厳しくなります。
要は覚悟があるのかどうか、とも言いますね。

入社したら終わりじゃないです。そこが地獄へのカウントダウンです…

トラックボール、買ってみました

分類がアレな気もしますが、うん。アレです。
狭い空間ではマウスカチャカチャやりにくいので買ったアイテムです。
案の定使いやすくてマウスの存在が可哀想な事になるぐらい活用しています。

使ってみた

折角なんで使用感とか。
今回買ったのはコレです。
OrbitTrackball with Scroll Ring(Kensington)
ケンジントン社製とは言いますが、窓口は七陽商事株式会社さんになるのかな?
なんかあった時は保証書を見ましょうか。

私も初めて使うトラックボールとのことで、結構慎重になりました。
初めて買ったのが大外れ!なんてなっちゃうと泣くに泣けません。
モノに対してマイナスイメージが先行する事になるんで、それは個人的に避けたかったのもあります。
今後もどんどんゲームが出てきて、ハードもどんどん新しいものが出てくる中でユーザーにも挑戦(普及した結果や流行りとかはありますが)はあって良いと思うんですね。

(ちょっとボヤッキー)
開発者だとあんまりこういう事言ったら怒られるんでしょうが、1ユーザーとしてハードに依存したゲームがあっても良いんじゃないかとは思ってます。
ベンチマークゲーだと揶揄されてきたものも幾つかありますが、結局ファンは離れてないですし、新しい分野に挑戦した事で新規獲得に至った例もあるようですし。

総評

マウスなんてなかった。
いや、マウスさんdisってるわけじゃないですよ?
精密動作したりクリック連打はマウスを使います。そもそも、トラックボールはそう言う用途ではありません。

が、ネットサーフィンやTwitterとかを楽しむ分にはマウスである必要はないな、と感じたのも事実です。
マウスはその特性上、どうしても腕をあっちこっち動かします。思ってる以上に場所を取ります。
デスク回りが整理整頓されていれば全然気にならないお話ですが、狭いスペースをガチ運用しがちなタイプなのでとにかく狭い!
効率性を考慮しすぎて逆に効率悪くなってない?って言われてもおかしくはないかもですね。

しかし、環境を捨てられないのでした(まる)

OrbitTrackball with Scroll Ringだからこそ

本体は\5,500で購入。もう一つ安いグレードのがあったんですが、スクロールに対応してなかった事と、ボール触ってたらやたらとツメを触るので塗装が剥げるんじゃないだろうか、と懸念したのでちょっと高かったけどスクロールリングタイプに。
本当に買った当初はそんなかる~い気持ちだったんですが、実際に使ってみるとこれがなかなか良い感じで「リクライニングチェアのアームレストで使えるなんかいい感じの」っていう、まぁ無理難題だろうなぁと思っていたところ、こいつはなかなか優秀でした。しっかり対応してくれました!
マウスはカチャカチャ動かして、画面に向かうとアームレストから転げ落ちてしまう問題がありましたが、トラックボールはそもそも動かす必要がない。
ここからが重要で、スクロールリングのおかげで閲覧が非常に楽です。
具体的には、マウスジェスチャーには不便なのでスクロールリングで何とかしてしまおうという、なんとも力押しな手段です。
実際、トラックボールは正確なジェスチャーには向いていません。僅かな揺れも拾ってジェスチャーに組み込んでしまいます。
ちょっと参考程度に、これらをご覧ください。
私の利き腕は右手です。操作は日常的に使ってる「開いているウィンドウを閉じる」のジェスチャーより。

トラックボールを使い始めて一週間足らずではありますが、なんとかこのレベルまでこぎ着けられた感はあります。
それでも普通に使ってるとマウスを左で操作した程度のレベルでしか使えないので
トラックボールの左手時だけ若干太くしてます。ガッタガタで何やってるか解りにくかったので、これにプラス何度か練習したんですが、ダメなもんはダメですね。これでもマシな方ですよ?。
トラックボール右・マウス左でも若干認識されなかったので元々が不器用なんでしょうが、逆に言うと不器用な人がトラックボールをうまく使おうと思ったら憤死します、恐らく。
さすがにマウス右は使い慣れているだけあって、どれも認識しましたね。一部いい加減に使ったのもありますが、こんなのでもちゃんと認識されます。すごいな!
この例から何となく分かってもらえればいいなぁ、と思うんですが扱うのは結構難しいです。

ボタンについて

トラックボール全体を見ると、2ボタンと4ボタンがあります。
4ボタンもあると配置に悪意(押しにくい・押したら転落)を感じたので2ボタンでいいや、という判断です。
慣れたら4ボタンの方が使いやすくなると思います。
慣れたら、というのは「ボールを手のひらで転がせるようになったら」という事です。
あのL字描いてるのも、指先で慎重に制御しながらやってます。ドラッグアンドドロップをやる時なんかはそうしないととても無理でした。
手のひらをベッタリつけるとトラックボールでも精密な操作は出来ますが、可動範囲が極端に狭まるため、マウスの方が楽じゃね?ってなります。あんまりトラックボールに拘る意義を感じません。
それに、スクロールリングもあるので手のひらでカーソル操作をする事はないでしょう……4ボタンは半ば諦めてますし、魅力を特に感じていないのが現状です。
なんかいい感じの方法があれば、そちらも見てみたいですね~。

ちょっと気になる

logicoolとかでも「トラックボールマウス」が出てます。
マウスにトラックボールついてるアレです。
私がコレを買わなかったのはぶっちゃけ意味が分からないからですが、興味が無いわけではないのでして。
使ってみた感じの意見は欲しいですね~。

見た感じの印象であれば、マウスを動かしてるのにボール触ってる余裕あるのかな?という疑問、そしてマウスとして操作してる時にボールを触って変な挙動にならないかどうか。
良くも悪くも謎なあの作りは好奇心を刺激されますね。

最後に

僅かな期間ではありますが、所感をば。
チルノちゃんを操作するまでにはまだ時間は掛かりそうですが、直感的な操作が出来るようになったので満足してます。
強いて言うなら、ボタン押しっぱを強要されるので長時間プレイには向かないという事でしょうか。
1時間もしないうちに手のひらが汗で滲んでボールがベタベタになったり、薬指・小指の付け根辺りに違和感を覚えるようになります。
そもそも、ゲームは適度に休憩しながら遊ぶべきなんですが、コレはコレでアレ

まずはボールの操作を指・手のひらで行う2通りの動かし方を覚えましょう!
と、言うことでトラックボールのすゝめでした!