Java勉強中…

どうも~!中です。
今日からかつてよりお話いただいていたプログラミングの学校に入校しました!
希望地とは真逆で、しかもバスで結構時間がかかるというから「これ大丈夫なんかな…?」と不安を抱えつつ。

しかしプログラマーは時と場所を選ばず、パソコン一つあればプログラムは書けるのです!
効率とか考えるとどう考えても悪いし、クオリティも低くなってしまうのは当然ですね。

たとえば、
料理が得意な人はどんなフライパンでも調理できますが、やっぱり専用と比べると使いにくかったり、あともうちょっと!が足りない事もあります。
同じように、プログラマーはメモ帳でもプログラムは書けますが、きちんとしたエディタと比べると使いにくかったり、あともうちょっと!となるわけです。

火がなかったらフライパンの用途が限られるように、パソコンがなければプログラムは大変です。
紙に書いて頑張るという事もありますが、基本的に修正しまくるので相当キツイ!
履歴書を手書きしますか?それとも印刷して打ち出しますか?というハナシ。

ちょっとプログラマ寄りに言うと、JavaやC#系はあっちこっちで結びつきを強くしたがります。
おそらく200行書いたぐらいでも「これってどこにやったっけ?」なんて事をよく言うんです。
なんでそういう事をしているかと言うと、繰り返し使う事が非常に多いので、どこからでも・誰でも使えるようにしよう!という思想があるからですね。

音楽で例えましょう。
AメロBメロサビ
Bメロサビ
Cメロ
サビサビ

みたいな曲があったとして
AメロとCメロを変えたい!となったら一か所だけ直すのでいいです。
Bメロを変えたい!となったら二か所直します。
サビを変えたい!となったら四か所も直します。

プログラムは1回だけとか2回だけとかじゃなく、よくわからんけどいっぱい!みたいな使い方が結構されるんですね。
その時10回とか20回、手直しするならしゃーないな、でいいかも知れません。
その10回とか20回の手直しを1セットとして、10セットやろう!となったらアホか!と怒りたくなりますよね。

だから、何回修正しようが出来るだけ手間を減らそう!ということで結びつきを強めるのです。

これがメモ帳だとつらいのは、どことどこがつながってるんだっけ?が分からないこと。
エクセルなりを使ってメモする方法もありますが、そもそもそういう管理の仕方自体が無駄ですよね。

という事に気付いてもらえると悲鳴を上げたくなる理由をご理解いただけるのかなと思います。

メモ帳はよくわからん!

というような状態にならないか、心配だったという話をしたかった。

勉強会に参加しました

昨日は久しぶりに「なんかそれっぽいかも?」なんて思う事をしてました。

朝は通常業務を行い、
昼はプラスアルファの仕事を行い、
夜は打ち合わせを行い、
深夜は勉強会と共有を行い、
朝まで来期の計画策定を行い、

本気で倒れるかと思いましたが、普段から頑張ってサプリメントを飲んでいるので案外どうにでもなるものです。
今倒れないために普段から予防する。欧米式っぽいですね。
欧米式は日本式と違って予防なんです。対症療法的に病院へ行くとかそういう事はない。
<a target=”_blank” href=”http://www.fmed.jp/iryou/kokusaihikaku.html”>参考:医療の国際比較(福山市医師会)</a>

自分で言うのもなんですが、結構頑張って何でも解決しようとするんですよね。
「検討します」よりも「やってみます」っていう言葉が好きなんです。
もちろん、出来る出来ないの判断はありますが、お客さんによっては出来なくてもやってみた、くれた事を評価していただく事もあります。
そこはどうやってクロージングするか、アフターフォローが出来るか、という部分にも掛かってきますが、こればかりは慣れですね。
私もなんだかんだで弱い部分です。

やってみます、を言った結果が今日のようなスケジュールになってしまって、翌日の今日ですね。結局10分寝坊をしてしまったというハナシで、なんとも情けないものです。
私も気合が足りません。

就職活動セミナー行ってきます

どうもです。

明後日に東京ドームシティでマイナビEXPOさんの転職フェアがありますね。
在職中の方も就活中の方も、多くの人々と出会える機会はそうそうないので、参加してみるといいですよ。
@Typeさんですとか、リクナビさんですとかいろんな人材派遣会社が力を入れているので、企業も当然粒ぞろいですね。

名前がない=力がないという事は決してないです。
今のご時世、大手が安泰だとか正社員が安泰だとか、そういう寝言は言えない時代になってきています。
親がそういうから、という事で何かと大手や正社員に拘る学生さん、社会人さんとお話してきましたが、早く目を覚まさなければダメですよ。

私もどこでもいいからやってみろとは言いませんし、言えませんが、現在成功されている実業家の方は最初大手にいた方も結局大手で働く自身の未来を案じて、安定していると言われた状態から独立してすごく頑張った方ばかりです。
また、大手だと100人単位での大規模なリストラをされたりもあります。
そんな話がそこかしこで聞こえてきます。

2020年までになくなる、変わる仕事の形で色々と騒がれていますが、あの資料も気付いた人が気付かない人向けにやさしく噛み砕いて作った資料です。
私はそれを読んで、自分の仕事がなくなるかもしれない、と本気で考えています。
今ある仕事で安心してちゃダメなんです。
一つ二つダメになったところで、柱をスライドさせてしまえばいいんですが、全部ダメになった場合は?
今持っているスキルが将来役に立たなくなる可能性がある以上、収入の柱や仕事スキルは幅広い方がいいです。
まだもぐりこめそうな今だからこそ、これからなくなると言われた業界に身を置いていても逃げ道を探せるのだと思っています。

皆さん、気付きましょう。

ひろうえん!

昨日、結婚式の披露宴がありました。
結婚したのは、小学生時代からの友人?腐れ縁で、こいつが結婚するんか~、みたいな感じだったんですが、
いざ参加してみると、やっぱりすごく幸せそうにやってる。

いやぁ、ホント羨ましいですね!
このトシで結婚、というといやいやまだまだだ、と思うんですが、見るとさすがに焦りますね~。
新郎新婦ともにお金がないからご祝儀もってこられても困る(笑)と、電話口で話していたんで
この夫婦、変な別れ方をしないだろうかと勝手に心配していたものですが、そういう事じゃないんだなぁ、と見て感じた次第です。

本当におめでとう!

学生の時に仲良くしてくれてありがとう!

そして、参加してくれたみんなにありがとう!

人様の心配をしてないで、自分の婚活事情の相談もしなければ、ですね~。

カゼの時期

季節の移り変わりは体調を崩しやすいと言います。

毎年のことながら、この時期は弱いんです。

皆さんもご自愛くださいませ。

体調を崩す時は体がアラートを上げる事もありますが、大体は気付かないんですよね。
体の事は体が知ってる。
耳を傾ける努力をしないとダメですね。

反省します。